NPO法人薬害研究センター主催勉強会情報

NPO法人薬害研究センター主催 勉強会

①『森由美の食べる油と体の脂の話』

大好評につき二回目の登場です!
油脂は肥満の原因、コレステロールが増えるといった悪者のイメージが強く、確かに摂り方によっては、糖尿病、アレルギー、癌、認知症、うつ病など多くの疾患に関わることがわかっています。しかし、私たちの細胞一つ一つの膜やホルモンの材料、エネルギーになる大切な栄養素です。当センターの食事指導でお伝えしている油脂の基礎と選び方、油脂の最近の話題を取り上げます。

また、私たちの体には、皮下脂肪、血中を流れる脂肪、皮脂などいろいろな脂があります。栄養学や生化学ではあまり触れられませんが、今回の勉強会では初めて「皮脂」についてお話します。体の中では腸粘膜のバリア、外からは皮膚のバリアがきちんと働いて健康を保ちます。皮膚の健康は内側からの栄養によって支えられていると同時に、新陳代謝を妨げず外から余計なものを浸透させない状態を保つことが大切です。石鹸や化粧品の作用を簡単な理科実験を交えながら説明します。
野外での部活やスポーツなど活動量も増え、日焼け止めを塗りたい季節。

エネルギー源でもある食べる油と皮膚の健康についての基礎的な内容になりますので、センター勉強会初心者の方にお勧めいたします。

講 師  森 由美(薬剤師、薬害研究センター食事指導)
日 時  6月23日(土)14:00~16:00の予定
場 所  NPO法人薬害研究センター
03-6806-0879
東京都台東区台東4-17-1 偕楽ビル301

参加費  1500円
定 員  15名
申込み  NPO法人薬害研究センターまで
yakugai-kenkyu@seagreen.ocn.ne.jp
お名前、連絡先を明記ください!

②「還元くん」「ワン酵素」「ワンゲル」の生みの親
小鹿敏郎先生特別セミナー&新商品説明販売会 !

『うつみんの凄すぎるオカルト医学』の共著者でもある、“ありがとうボトル”の生みの親、小鹿敏郎先生の特別セミナーのご案内です。

ありがとうボトルはもうみなさんご存知だと思いますが、うつみんのオカルトを体現する代表的な商品です♪

この陶器のボトルは、お茶を入れると水素が発生するお茶ができるというトンデモ商品で、水では使用できず、お茶でなくてはなりません。その理由はポリフェノールから水素を作り出すからです。その水素は電極などから作り出すようなヘボイものではなく、ポリフェノールがある限り無限に水素を作ることができ、しかも弱酸性なので胃酸との悪い相互作用を示さないということで、理想的な水素素材になっています。

また小鹿先生は、『ワン酵素』『ワンゲル』の生みの親でもあります。

そこで今回も、通称とんでも商品の『還元くん』『ワン酵素』『ワンゲル』の、何がすごいのか、またその使い方、効果をじっくり教えていただきたいと思います。
小鹿先生は岐阜在住ですので、東京でお話を聞ける貴重なチャンスです。

当日は『還元くん』『ワン酵素』『ワンゲル』、TQジェルとワン酵素のコラボ『うつみんの特注ジェル・ヘアエッセンス』の販売もいたします。

そして今回はもうひとつ、小鹿先生に開発、製造をお願いしていた新商品の説明販売会も兼ねております。
どんな新商品かは来て直接お確かめください。
ヒントは【食品の鮮度保持】です!

『還元くん』
【弱酸性でありながら水素発生させるコトができる】という陶器製の、水素を発生し続けるお茶(還元水素茶)を作るボトル。半永久的に使えます。

『ワン酵素』
微生物の代謝物を時間をかけて抽出し、ミネラル化まで進めたこれまたオカルト商品です♪。日本人が昔から慣れ親しんできた発酵食品である味噌、しょうゆ、酒を作る工程と同じく、発酵と醸造を野菜やきのこを原料とし水の状態まで作り上げたものです。水のように見えますが、実際には食品の分類に入ります♪。この抗酸化食品は極度の酸化を抑制し、還元の方向に持っていく力があるのです。

『ワンゲル』
ミネラルの水だけで作られた、とっても利用価値が高くオカルト丸出しなジェルタイプの水です。抗酸化力の高い水で作られており、成分は水、ミネラル(ケイ酸マグネシウム)のみというものです♪。

講 師  小鹿俊郎((株)OJIKA Industry代表取締役)
『還元くん』『ワン酵素』『ワンゲル』&?開発者
日 時  6月30日(土)14:00~16:00の予定
13:30受付開始
場 所  NPO法人薬害研究センター
台東区台東4-17-1 偕楽ビル301
℡:03-6806-0879

参加費  2000円
定 員  40名限定
申込み  NPO法人薬害研究センターまで
yakugai-kenkyu@seagreen.ocn.ne.jp
お名前、連絡先、人数を明記ください!

③新企画! 『アーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダは、中医学・ユナニ医学と並んで、世界三大伝承医学のひとつで、その中でも最長の歴史を持つアーユルヴェーダは、世界の医療の根源と言われ、西洋医学だけでなく、東洋医学、その他の代替医療などに強く影響を与えたと言われています。

アーユルヴェーダは、今から数千年前にインドで発祥しました。

ヒンズー教の最高神であるブラフマが人間救済のために編み出した、科学的、哲学的、医学的学問を、ブラフマの智慧を実践できる5人の賢者がヒマラヤで実践できる形にして当時の人々を救ったのが、アーユルヴェーダの起こりと言われています。
以来、その智慧は、人々に生きるための法則を説く学問、「神の智慧」として尊ばれ、口伝聴聞の形で伝承されていきました。

アーユルヴェーダのゴールは、三位一体(心・体・魂の調和)で、肉体と心と魂には切り離せない密接な関係があり、この3つがバランスよく繋がることで、私達は、個としての存在を超え、すべてと一体となることができるそうです。

アーユルヴェーダは単なる医学やマッサージ・治療ではありません。心と身体のバランスと調和を大切にし、人がいかに幸せに生きるかを目的としています。

そのアーユルヴェーダのお話を、本場スリランカで学ばれ実践されているスリランカ在住の梅原しょうこさんをお招きして教えていただきます。

またとない機会です!ぜひ、ご参加ください!!

【講師】
梅原しょうこ
日本・シャンティランカ代表/スリランカ・シャンティランカディレクター
奥深く神秘的なアーユルヴェーダの魅力にひかれ、6年間スリランカに滞在、現
地ドクターと共に、日本人向けのアーユルヴェーダを実践。
現在日本でアーユルヴェーダ講座、サロン運営、アーユルヴェーダ商品の輸入
開発など、多肢に渡り手がけている最中。

日 時  2018年7月7日(土)
14時~16時(終了後に質疑応答タイム有)
受付開始 13時30分

講 師  梅原しょうこ さん
(日本・シャンティランカ代表/
スリランカ・シャンティランカディレクター)
場 所  NPO法人薬害研究センター
東京都台東区台東4-17-1 偕楽ビル301
℡: 03-6806-0879

参加費  3000円(当日お支払ください)
定 員  40名限定
持ち物  飲み物(飲み物の販売はしておりません)
※食事は中ではできません。
筆記用具(必要な方)
申込み  NPO法人薬害研究センターまで
yakugai-kenkyu@seagreen.ocn.ne.jp
お名前、連絡先、人数を明記ください!

④応用キネシオロジーの基本勉強会

私がキネシオロジーやタッチフォーヘルスを学んだことと関係あるかどうかは知りませんが、キネシオロジーに興味を持つ人は増えてきたと思います。しかしキネシオロジーってなに?ということで、結局怪しいと思うだけで見もせず学ばない人も、また多いと思います。そういう人のために応用キネシオロジーの勉強会を開催することとなりました。

勉強会としては私とキネシオロジーインストラクターである、田中信二さんとのコラボ勉強会になります。前半は私が現代医学の問題だけでなく、東洋医学とキネシオロジーとの関係、量子力学がどのように医学に応用されてきたか、栄養学と東洋医学の関係、キネシオロジーと精神療法との関係、キネシオロジーと内海式との関係をお話しします。

後半は田中信二さんの講演となり、キネシオロジーとは具体的に何か、筋反射と東洋医学との関係などを概説していただき、その後は聴講者の皆さんに体験していただくというプログラムです。また、時間枠がしっかりあるので、その場でデモンストレーションを行い、デモの被験者がどんな感じで変化していくか、なども体験していただきます。

これがこの値段で受けれるのはお得と私は思いますが、まあどうとってもらうかは自由です。今後東京、名古屋、大阪、博多などで定期的に行っていくことが決まりました。また、平日ですのでたくさんの席は用意しておりません。毎回埋まるので今回も早い者勝ちになる可能性があり、興味ある方はお早めにお申し込みくださいませ。

日 時  2018年7月12日(木)
13時~17時の予定
※受付開始 12時30分
講 師  内海聡 田中信二氏
時間割  13時~14時30分 内海の講演
14時45分~15時 休憩
15時~16時45分 田中信二氏講演
余り時間は質問など

場 所  NPO法人薬害研究センター
東京都台東区台東4-17-1偕楽ビル3階

参加費  4000円(当日お支払ください)
定 員  40~50名限定
申込み  NPO法人薬害研究センターまで
yakugai-kenkyu@seagreen.ocn.ne.jp
お名前、連絡先、人数を明記ください!